肩当て

おそらく一般的な日本人体型に近い私は、顎当てにも肩当てにもあまり困ったことはなく、肩幅が広くて薄く、首は長いという娘の肩当ての問題には何かと悩まされてきました。落ち着いたのはなんと、私の1代目マッハワン(メイプル)。今は貴重な改良前の形で、カーブがきつくないものです。脚の調節が出来なくなり使わなくなっていたものを気に入ったというか、「まぁ、これでいいや」的な感じで3年は使っていると思います。半年ほど前、「なんか合わなくなってきた」というので、首の長い娘にはカーブがきつい方が合うのではないかと私の2代目を使わせたところ、即座に「今の方がマシだからいらない」と返されました。何も言わないのでそのままにしていましたが、先日、現師匠の発表会で15分間の演奏中、2度ほどヒヤッとする場面があり、終わってから娘が「楽器持ち直す度に音程とか怪しくなるんだよな〜、肩当てかな」

ちょっと前に話題になっていた「HOMARE」これを試したいと思い、早速工房に交渉、色々試して頂いて大丈夫ですと仰って頂いて、買う気満々で行きました。 付ける位置が特殊なので教えて頂いて、「僕は合いませんでした」というレビューも聞いて(^_^;)、いざ。 まず、構えた時が不安。不安定というより不安。多分、動かないんだろうけど、フィットの手応えがない。ネットで読む限り、肩当て無しの感覚に近いと書かれていたので肩当てを買う!みたいな気持ちでは根本的に違うのかしら。ただし、これは本当に体感して欲しいのですが、驚くくらい音色がいいです。ホールの響きが軽い力で出ます。それでもお値段もとてもいいし、安定性を求めて買い換えるのだから、HOMAREを買うんだったら今のままの方がいいと。

クリスマスパーティでシェリーもスペシャルディナーをほおばる

娘は常に即断ですが、この音色には娘なりに迷いは出たようでした。ですが、使い続けても慣れることはないだろうと、ここは即答でした。 その場にあった、ムジカもブラーボもピラストロもその他1万円以下の物も念の為試しました。1万超える物に関してはフルサイズにあがる際、1度試しているのですが、楽器にも慣れ、自身も選ぶ知識も増えた今、また違った感想があると思ったからです。ムジカ、ブラーボは木が分厚いからか「滑舌悪いし出にくい」と切り捨て、今日の中で1番高額肩当てのピラストロは「なんでこんなに肩が痛いの」とお気に召さず(ホッ)。結局、買わずに帰るという娘に、今のは脚の調節が出来なくいつ壊れるかわからないからと、同じマッハワンの購入を勧めました。今使っているメイプルよりASHの方が格段に音が良かったので、そちらを購入して、予算の3分の1以下のお買い物(笑) ただの道具、されど道具。HOMAREには最後まで後ろ髪ひかれつつ帰りました。私がフィットすれば、間違いなく家にひとつという感覚で購入したと思います。でも、私も不安な持ち心地。また改良されることを望みます。だけど、木を使っていないのにどういう構造であれだけの音色が出るのか。話題になるのも分かる音でした。

少し遅れましたが
メリークリスマス!
今年も家族でおうちクリスマス。

時系列がおかしいですが、次回は娘の門下発表会のレポします。

コメント