休みの過ごし方

この騒ぎの中、お教室も2週間お休みにしています。お休み中のヴァイオリン練習について色々と考える時間が出来ました。
あくまで任意ですが、お休みの間、練習動画や録音を送ってもらうことにしました。送られてきた動画等を楽譜と照らし合わせながらチェック。楽譜に注意点番号と共に注意を書き込み、細く写真に撮って送り返します。写真だけでは分かりにくい事や全体的な事はメッセージも送ります。同じ曲を練習している子がいる場合や2度目に送られてきた場合は、前の注意点を一旦消して、再度書き込みます。
私サイドからの感触は、コミニケーションを取らずにある意味一方的に注意をするので、まとめて伝えやすいと感じます。思いの外、時間はかかりますが、時にはこういうやり方も取り入れると効果があるのではと。ただ、例えば、遠方の先生と生徒でスカイプなどのレッスンをたまに聞きますが、ずっととなると、微妙な空気感が読めず、気持ちのケアが出来ないであろうことも良くわかりました。
生徒ママからはお家でのご様子、こんなふうに教えて頂きました。「先生に録音を送って聴いてもらうんだと、いつもより努力していました。自分なりに良く弾けたと思って録音を聴くと、多くの気付きがありました。」学校もお休みになり、楽しみも少ない中、こんなふうに子供達自身が取り組めて、嫌な事ばかりではないと思えました。

お天気の良かった今日、娘と歩いて地元の神社へ。この騒ぎが早く収束しますように。そう、二人でお願いしてきました。

コメント