コロナ渦の発表会 vol.4

午前のリハーサルは希望者のみ。この点は改善した方が良いと思いました。発表会って演奏だけではないので、ステージに出るまでの動線を全員1度リハーサルした方が良かったと反省。何があったわけではないですが、本番だけ来た生徒さんには、開始前にササッとお伝えしたのだけど、それによって悪い意味で緊張感が薄れた気がします。

リハーサルは衣装以外は本番と同様に弾いてもらいます

ずっと動画と写真を撮ってくれていた夫、ステージ上の立ち振る舞いについてコメントくれました。レッスンで立ち振る舞いについては言うし、今回はまだたくさん言えた方だと思うのですが、子供たちに余裕が無くて弾くので精一杯。確かに立ち振る舞い一つで演奏が良く聴こえるから、今後は日頃からもっと伝えていきたいところ。自信なさそうに出てくると自信なさそうに聴こえるし、だらしなく出てくるとだらしなく聴こえる。もちろん、楽器や腕が下がっていたり、足か曲がっていたら物理的にもいい音出ません。演奏が出来てから。と思うと最後まで言えない(笑)子供たちにもっと余裕持って仕上げてもらわなくては。

ご兄弟の競演。お家で沢山合わせていても実際のステージでは勝手が違いますね。

今年はコンクールも動画も提出がメイン、誰もいないホールで動画のために演奏というのが定着した年でした。こんな状況は続いてほしくないけれど、一人の貸し切り時間内にリハーサルしてすぐ本番、メインはYou Tubeというのも有りかもしれません。

vol.5に続く

コメント